2018年6月27日水曜日

5月と6月



眼科画廊新聞より。

日々に、変化がしている。
とりあえず気候がめちゃくちゃで季節感が明後日の方向をむいている。



2018年5月25日金曜日

4月

何故月刊なのだろうか。

眼科画廊新聞より

2018年3月31日土曜日

気づけば全然更新していないから、前号の眼科画廊新聞に書いたものをアップしようと思う。
リニューアルした眼科新聞、というかZINEなのか。開き直った構成がまたいい。
新しい号がもう出るみたいです。眼科画廊で見てみて下さい。



春は動きが早い。風が吹いたり晴れたり曇ったり。寒かったり汗ばんだり。人びとは麗らかになり、見る目に楽しくなる。こちらの気持ちもあがってくるけれど、そんなんで遊び歩いていたらとち狂うな。このままのスピードで春は行ってしまうのが何とも。

春だ、と昨年の今頃小台のブリュッケでとても爽やかなライブを見たことを思い出す。ああ目まぐるしく風がふく。昨日は小岩でs.u.z.u.kさんというか鈴木さんが池間さんとやるのを見た。疾走感と笑いと真面目さ。ささやきとうた。春だ、と思った。合間にシャンシャンの話をしていたからか、不忍池のイメージを妙に想い起こす。今日はそれで池間さんとノコギリの森田さんがやるのを見た。夜の春というのか、夜桜で酔いどれていくようなこれもまた謎の春。面白いな。
昨日も今日も会った人たちが4、5人いる。その人たちはよく顔を合わせて、ふと話し込んだり、接続だけして話さなかったりもする。


https://yoraku.tokyo/ 

あと、こういう夜楽というころにリンゴの話を書いたので、よかったら見てみて下さい。

クールなサイト。発展していくといいなあ。

文が破綻している。